カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月10日
  • カンボジアニュース

金融機関への付加価値税の適用 遅らせる方針 租税総局[経済]

news_201707102
(c)Khmer Times

 租税総局(GDT)は、全てのマイクロファイナンス機関や銀行への10%の付加価値税(VAT)の導入について遅れるだろうと発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 マイクロファイナンス協会(CMA)は以前よりGDTに導入の延期を要請していた。また、GDTは、「引き続き民間セクターと協力し、VATの対象となる金融サービスの詳細に検討し、税法を明確にしたい」と述べた。

 CMAのホウ・イエン・トン会長は7月6日の経営者間会議の後、「VATが導入されれば、顧客はVATを認識していないため、金融サービスの利用に不満を感じるだろう。政府がVATについて教育する時間を取るべきだ。CMAは7月20日にGDTと会合する」と話した。

 政府は4月1日、金融機関の上限金利を18%に設定し、5月25日には金融機関からの税金回収を強化する命令を出している。

 経済財政省は、1999年の税制実施以降、VATが適用される基本的な金融サービスの定義を明確にしている。この法令によると、株式取引やローンの利子返済、貨幣交換および基本的な金融サービスなど5つの財務活動ついては免税の対象とし、送金、ローンアセスメント、口座保守サービスなどの金融サービスは、税金のほか手数料収入を得るサービスの対象となるという。

関連記事
経済
カンボジアの徴税額は順調な伸び 今年5月までの間で28%増[経済]
(20日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(10日)
経済
マイクロファイナンスの融資残高、第1四半期10%増 カンボジア[経済]
(05月10日)
社会
租税総局 道路税未納の車両6320台に約143万ドルの罰金[社会]
(03月28日)
経済
モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]
(03月10日)
経済
中小企業にとって免税申請要件が複雑すぎると苦情 カンボジア[経済]
(02月15日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース