カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2023年9月5日
  • カンボジアニュース

カンボジアのマイクロファイナンス:過度な負債と土地の担保の現状[経済]


(c)KT

カンボジア、コンポンススプー州で行われた最近の調査によれば、マイクロファイナンスの借り手の大部分が過度な負債を抱えており、27%以上が月収の70%以上を借金の返済に充てていることが明らかになった。クメールタイムズ紙が報じた。

この調査は環境保護NGOのエクイタブルカンボジア(EC)と人権NGOのリカド(LICADHO)によって実施され、92%以上の世帯が少なくとも1つの土地の権利書を担保にローンを引いており、マイクロファイナンス機関や銀行の負債の負担から児童労働や学校中退が横行しているとした。また、6.1%の世帯が借金を返済するために土地を売却していることも判明した。

2012年には、既存のローンの返済のために取得されたローンの割合は3.45%であったが、2022年には34.8%に急増している。これらの結果から、カンポンスプー州の19万5882の世帯のうち、15万7413世帯が少なくとも1つのアクティブなMFI/銀行ローンを引いており、そのうちの14万4819がMFI/銀行ローンの担保として土地の権利書を提出している。

一方、カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)のカイン・トンニ会長は、多くの顧客が様々な問題に直面していることを認めつつも、「調査の主な目的はネガティブな部分だけを見ることであった」と述べた。

2023年の前半に、カンボジアのマイクロファイナンス部門の資産は総額118億ドルに達しており、そのうち消費者ローンは97億ドル増加していることが報告されている。

関連記事
社会
プノンペンのボレイ・ピプープ・トメイ購入者、家の差し押さえは不当と主張、首相に解決を要求[社会]
(11月23日)
経済
カンボジア首相、シェムリアップの観光業者向けに5000万ドルの融資パッケージを発表[経済]
(11月14日)
経済
2023年カンボジア経済、信用成長の停滞と不良債権増加の警鐘[経済]
(09月05日)
経済
カンボジアの金融セクター、2023年には貸出成長が鈍化、ただし2024年に回復見込み[経済]
(08月29日)
経済
合併により設立されるKBプラサック銀行が最終承認[経済]
(08月08日)
経済
9月までにASEAN共通QRコードの実現可能性[経済]
(07月28日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース