カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2017年6月11日
  • カンボジアニュース

カンボジアの消費者保護法 未だに草案段階[法律]

 商業省と関係省庁は今月下旬に、カンボジア初となる消費者保護法の再審査の状況確認や、法案完成までの計画策定の目的で会合を行うという。プノンペンポスト紙が報じた。

 この法案は、違法な小売業および宣伝活動を減らすことで消費者を保護すること、企業の競争を平準化することを目指している。法律の規模と複雑さから承認まで数か月を要するみられている。

 これにより、人体に害を加える食品や薬品だけでなく、偽造商品または虚偽宣伝商品に対して当局が取り締まる権限を持つと見られている。また、被害にあった消費者が生産者に対して訴えることも可能になる。

関連記事
政治
地方選挙 13万の無効票を調査 カンボジア国家選挙委員会[政治]
(27日)
経済
ナンバープレートにQRコード 2017年末までに実施目指す[経済]
(26日)
経済
カンボジア・プノンペンの商業施設 2018年末までに供給量が2倍に[経済]
(21日)
経済
コンテナナイトマーケット 人気を受け来月から拡張[経済]
(14日)
経済
ANZ ロイヤルグループと距離を置く[経済]
(05月22日)
経済
偽物の流通によりカンポット産ドリアンのブランド価値の低下を懸念[経済]
(05月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング