カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月2日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 2017年第一四半期の売上大幅減少[経済]

 カンボジア証券取引所によると、プノンペン経済特区の2017年第1四半期の売上高は146万ドル、前年同期より172万ドル(約54%)の減益となったという。

 また純利益は、前年の82万5595ドルに対し96.5%の減の2万8932ドル。この減少は、土地の売却が大幅に減少したことによる。

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
日系
デンソー プノンペン経済特区に新工場の建設へ[日系]
(07日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
PPSEZ タイ・シンガポール物流会社に1400万株発行[経済]
(12月26日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
労働
PPSEZ 労働力向上のため訓練機関と覚書締結[労働]
(11月16日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース