カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月23日
  • カンボジアニュース

JCインターナショナル航空 6月よりバンコクへの直行便開始[経済]

news_201705232
(c)Khmer Times

 2017年3月に設立されたカンボジア系航空会社、JCインターナショナル航空が、バンコクのドンムアン空港への直行便の計画を発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 エアバスA320により6月6日からプノンペン―バンコク間の直行便を毎日運航するという。

 民間航空庁のスポークスマンは、「同社はタイの承認も得ており、すぐにでもフライト可能だ。スワンナプーム国際空港への直行便を希望していたが、タイムスロットがなく、ドンムアン国際空港に変更した経緯がある。現在、タイとの直行便は、タイ航空、バンコク航空、エアアジアの3つの航空会社が運航しており、 同社の新規参入でコスト削減やサービス向上による競争がおこるが、顧客とっては良いことだ」と述べた。

 JCインターナショナル航空は、資本金5千万ドルの地元企業として登録され、プノンペンとシェムリアップ、シアヌークビル、台湾、マカオとの間を毎日運行している。

 今月初め、カンボジアとタイは、「二つの王国、一つの目的地」をテーマにキャンペーンを全面的に推進することに同意。カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムで構成されるエーヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略(ACMECS)内であれば、1つのビザで滞在が可能な、ACMECSシングルビザの実施により観光を促進するという。

 2016年、カンボジアは、前年の477万人から5%増の500万人以上の外国人観光客を受入れた。このうちタイからは前年度比20%増の40万人で、トップ3に入っている。

関連記事
統計
カンボジアを訪れる外国人観光客 順調に増加[統計]
(12日)
観光
水祭り シアヌークとシェムリアップの観光客数増加[観光]
(08日)
日系
イオンモールでトラベルフェア 訪日カンボジア人旅行者の増加を期待[日系]
(07日)
観光
カンボジアの観光業 チャイナ・レディ戦略の強化へ[観光]
(06日)
観光
シェムリアップ-重慶間の直行便 さらに多くの中国人観光客が集まる[観光]
(10月21日)
経済
シェムリアップ・ソットニクム地区に50ヘクタールの新空港建設[経済]
(10月06日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテルでハロウィン仮装パーティーが開催!
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
注目
イベントの開催場所をお探しなら、サン&ムーンホテルのVIP Lounge
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース