カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月7日
  • カンボジアニュース

カンボジアのキャッサバ 輸出量増加も価格は低迷[経済]

news_201704071
(c)Khmer Times

 農林水産省の統計によると、2016年のキャッサバ総生産量は1320万トン。うち58%(770万トン)が輸出されており、前年度比50%以上の増加を見せたものの、市場価格は依然として低水準だったという。 クメールタイムズ紙が報じた。

 農林水産省の農業局長は、「天候により収穫量が増えたため、キャッサバの生産量は過去5年間で急激に増加した。 しかし輸出ではタイやベトナムのバイヤーに大きく依存しており、市場価格より安い価格でキャッサバを買い取られる」と指摘した。

 2015年、カンボジアは中国に向けて、キャッサバチップを746万トン、15億6,000万ドル相当を輸出し、加えてキャッサバ澱粉も5億5000万ドル販売している。しかし同氏は、「中国への価格は高騰しているが、隣国と比較すると物流コストが依然として高く、輸送コストが莫大となる」と述べた。

 同氏によると、トボンクムン州バッタンバン州には、キャッサバの加工工場は2つしかない。加工するのは少量のみで、残りは農家自身が近隣諸国に売却するという。

 バッタンバン州のキャッサバ貿易会社は、「加工工場がないため、農家は低価格での販売を余儀なくされている。農家の収入保護のため、価格が安定するよう政府が介入すべきだ」と述べ、キャッサバ農家は、「収穫が増えたものの、業者が提示した価格はひどかった。タイの業者には売りたくなかったが、収入のために選択肢はなかった」と話している。

 価格はキログラムあたり、乾燥キャッサバは554~565リエル(約$ 0.15)、生のキャッサバは170~205リエル(約0.05ドル)。昨シーズンは、それぞれ約508リエル、136リエルだった。

関連記事
社会
洪水対策のための防災機関による米や種の備蓄すすむ カンボジア[社会]
(26日)
経済
カンボジアの米国への輸出 第1四半期に25%増[経済]
(20日)
経済
農業マッピングプロジェクトを全国展開 カンボジア農林水産省[経済]
(17日)
社会
プノンペン―海岸部を結ぶ、国道3号線の拡張工事が始まる[社会]
(11日)
経済
カンボジア商工会議所 2019年までに初の海外オフィス開設へ[経済]
(06日)
経済
カンボジア商工会議所 輸出促進のため、バーコードシステムの利用促進を目指す[経済]
(04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース