カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月5日
  • カンボジアニュース

カンボジア建設省、建築許可発行と現場管理の安全性に関するセミナーを開催予定[経済]

news_201611051
(c)Khmer Times

 国土整備・都市化・建設省は、建築許可発行のための基準を議論し、建設現場の管理に関連する問題に対処する建設セミナーを11月10日に開催する。

 同省建設部門の副局長は、「不動産開発業者、建設会社、および関連するすべての利害関係者を招待し、建築許可発行の問題点を克服する方法を議論する」と述べた。

 建設許可の申請は、現在20以上の手順と厳密な要件のため、困難なプロセスを要する。同氏は、「出願書類が適切に準備されていない場合は、職員が申請者に返却され、正しく提出された後45日間のプロセスが再び開始される。出願プロセスの長さは混乱につながる」と述べている。

 キー不動産の創設者であり、カンボジア不動産協会の副会長ソーン・セアップ氏は、「セミナーでは、建設現場の管理と作業者の安全性に関連する問題も議論する」と述べ、「今のところ建設会社の作業員の安全性について必須の規定はなく、作業員のほとんどが非熟練労働者かつ日雇い労働者であり、安全性が懸念される」と話す。

関連記事
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(04日)
経済
カンボジア建設省、未登録の外国人建築家や技術者 国外追放も視野に[経済]
(03日)
経済
不動産学校の設立に向けマレーシアの大学と覚書を締結 カンボジア[経済]
(01日)
経済
開発の利益をもたらすためには都市化計画が必要[経済]
(08月12日)
経済
泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]
(08月07日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース