カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月11日
  • カンボジアニュース

ナガワールドカジノの運営会社、中国人観光客誘致のため国内初の地下モールを来週オープン[経済]

news_20160811
(c)Khmer Times

 プノンペンでナガワールドカジノを運営する、香港上場企業ナガコーポレーションは、中国人観光客誘致のため、来週、国内初の地下モールをオープンする。

 ナガコーポレーションのティモシー・マクナリー会長は、ナガシティウォークの8月オープンをCNBCのインタビューで、「2020年までに750万人の観光客誘致し、高級ブランドの小売店としての機能を果たすことで業界の成長に応える」と語った。

 カンボジア観光省は今年初め、2020年までに200万人の中国人観光客を誘致するため、5年間の戦略を記したホワイトペーパーを発表し、中国人観光客数は今年最初の4ヶ月間で、前年同期比13.6%増の約27万5000人を記録し、2015年は、2014年から14.5%増加の約69万人だった。

 公にはされていないが、ナガシティウォークは3つのゾーンに分けられ、有名ブランド免税店、高品質なカンボジア製品、高級ブランドの正規代理店にそれぞれ商業スペースを賃貸するという。

 ナガコーポレーションは、ナガワールドの売上高について、2016年の第1四半期で前年同期比35%増の1億5300万ドル、2015年は対前年比26%増の4億8000万ドルだった。

 ナガコーポレーションの現在の時価総額は約15億ドルで、2006年の香港証券取引所への上場以来、継続して株主配当を行っており、2006年から2013年の8年間で、平均配当は年68.7%、配当金は 5億3800万ドルに上る。2015年の純利益は、27%増の1億7260万ドルで、1株当たりの利益は7.60セント、株主への最終配当は1株1.89セントだった。

 同社は2012年11月に、新しいホテル、レストラン、エンターテイメント、ショッピング、アウトレットが含まれるナガシティウォークに着工し、昨年5月には、ロシアのウラジオストクで、カジノリゾートプロジェクトの起工式を開催している。

関連記事
政治
カンボジアは政権交代運動に脆弱か アナリストの警告[政治]
(24日)
経済
国内最大のシアヌークビル経済特区 面積倍増で株式上場を目指す[経済]
(20日)
経済
ベトナム カンボジアの水産養殖業への投資と支援に意欲的[経済]
(20日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(20日)
観光
イスラエルとの直行便に向け 覚書締結 カンボジア[観光]
(19日)
経済
高級コンドミニアム・オリンピアシティ近くに、歩行者専用の主要路が建設[経済]
(19日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
注目
イベントの開催場所をお探しなら、サン&ムーンホテルのVIP Lounge
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース