カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所は、中小企業の上場を望む[経済]

news_20160609_mini
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)は、中小企業の上場を望んでいる。

 「2018年以前に登録された場合、利益税の50%減が可能であり、興味を持つ中小企業も多いが、上場へは多くの準備時間を要し、必要コスト面でも課題がある」(CSX・マーケット事業部の責任者)。

 アクレダ証券のスバイ・ヘイCEOによると、「多くの中小企業は、浮動株式による資金調達に関心があり、 税制上の優遇措置や市場への早期発生など様々な面で恩恵を受ける」と話す。

 大手不動産業者バンナ不動産グループのソン・バンナ社長は 「現在上場準備に時間がかかっているが、将来的に行う予定だ」と上場に関心を示した。

 計画省の2014年経済観測調査によると、2014年3月のカンボジアにおける企業の総数は51万3759社で、そのうち約97%が10人未満で設立3年未満の小規模事業者だった。

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
経済
マレーシア系電力供給会社ぺステックカンボジア 来年にも上場予定[経済]
(09月09日)
経済
上場企業グランドツインズインターナショナル 無名の金融機関から420万ドルの短期融資[経済]
(09月07日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース