カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 統計
  • 2016年4月21日
  • カンボジアニュース

関税と物品税の収益、今年第1四半期で前年同期比で約30%増[統計]

 4月19日、カンボジア経済財政省の関税消費税総局(GDCE)は、関税と物品税からの収益が今年の第1四半期において、前年同期比で約30%増の4億7200万ドルだったと発表した。

 プノンペンポスト紙によると、総局長のクン・ニム氏は、建設資材、エレクトロニクス、携帯電話や飲料など、特に徴税管理を強化している品目が税収の増加に貢献していると述べている。

関連記事
経済
プノンペン経済特区 収益構造の多様化を目指す[経済]
(26日)
観光
カンボジアの空港 新ルート開通により第1四半期の乗客数急増[観光]
(23日)
経済
豪系鉱山会社 カンボジア・プレアヴィヒア州で金・銀の鉱床を発見[経済]
(23日)
観光
今年のクメール正月 520万人が国内旅行に カンボジア[観光]
(22日)
経済
サタパナ銀行 日系マルハン銀行との合併により大幅に利益回復[経済]
(20日)
経済
カンボジアの経済成長を7%強と予測 アジア開発銀行[経済]
(15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
業界
カンボジアで検品・物流のワンストップサービス、大森&トーマス[運輸・物流]山崎豊 (2/2)
統計の最新ニュースランキング
最新ニュース