カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2020年11月24日
  • カンボジアニュース

民間部門、来年の観光復興にほとんど希望を持っていない カンボジア[観光]


(c)KT/Chor Sokunthea

 観光業の専門家たちは、カンボジアの来年の観光業が新型コロナウイルスの影響から立ち直ることができるかどうかについて疑問を抱いている。

 太平洋アジア旅行協会(PATA)カンボジア支部会長のトウン・シナン氏は、「私は来年のカンボジアの観光業の回復について楽観視していない。観光業界のすべての人が生き残るために、それぞれのスキルと知恵で現在の状況に適応する必要がある」と述べ、観光事業者は他業界を頼り自立する必要があると指摘した。また、「今年のような状況がもう1年継続すれば、カンボジアの観光産業は4年から10年前の状態に戻る可能性がある」と警告した。

 また、カンボジア観光連盟顧問のホー・ワンディ氏は、「一部の主要な世界経済学者やアナリストは、世界の観光産業が回復するのに3年から7年かかると予測している。来年も影響が続けばカンボジアの観光客数が回復する見込みはほとんど無い」と言い切った。また、同氏はワールドエクスプレスツアー&トラベルという旅行会社のマネージングダイレクターもしており、「コロナ前は52人の従業員がいたが今は25人だ。会社全体の運営は5%以下にまで落ち込んでいる」と語った。

 クルーズ船ツアーを専門とするシアヌークビル拠点の地元旅行代理店、CS-ツアー社のダイレクターは、「希望はない。通常は12月から3月の間、港に停泊するクルーズ船だ。予約は今すぐ開始する必要があるが、まだ誰からも予約が無い」と述べた。


 同氏によると、シアヌークビルではホテルやレストラン、その他の観光サービスがまだ運営されているが、外国人観光客は少なく、地元の人だけだという。

関連記事
社会
ハラール専門の行政組織を商業省内に設立予定 カンボジア[社会]
(01月26日)
社会
大学生の入学数が減少し、学生の一部は授業料の支払いを停止 カンボジア[社会]
(01月20日)
社会
私立学校や教師、保護者 学校閉鎖の影響で厳しい財政状況に カンボジア[社会]
(12月28日)
経済
今年9月末までの自動車の輸入、前年と比較して約35%減少 カンボジア[経済]
(12月23日)
労働
コロナで大企業は解雇、中小企業は労働時間時間の削減や減給 カンボジア[労働]
(12月18日)
経済
世銀、カンボジア経済は2021年に回復すると予測[経済]
(12月17日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース