カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2020年11月18日
  • カンボジアニュース

ナガコープ、シェムリアップに統合型リゾートの開発計画を発表 カンボジア[観光]


(c)Heng Chivoan

 カジノ運営会社のナガワールドの親会社であるナガコープは15日、シェムリアップ州に3億5000万ドルを投じて、カジノを併設しない大規模な統合型リゾート(IR)を開発する計画を発表した。プノンペンポストが報じた。

 アンコール・レイク・オブ・ワンダー(ALOW)と暫定的に名付けられたIRは、アンコールワットの外側制限区域南側のスラ・クラム地区の75ヘクタールの敷地に開発される。2025年までに完成予定。

 シェムリアップ州行政局長は、「この投資は観光省のマスタープランに沿ったものだ」と述べた。

 ナガワールドは、プノンペン都で唯一のカジノの営業を認可されているが、今年上半期の売上額は3億7750万ドル(前年比57.7%減)、純利益は約2060万ドル(前年比約92%減)と新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。

関連記事
観光
民間部門、来年の観光復興にほとんど希望を持っていない カンボジア[観光]
(11月24日)
観光
観光省、民間との協議会で中国人を優先した観光政策を提案 カンボジア[観光]
(10月30日)
観光
国内観光客数が20%減で踏み止まると観光省が予測 カンボジア[観光]
(10月29日)
労働
カンボジア文化村、11月に閉鎖し従業員を解雇[労働]
(10月14日)
観光
アンコール遺跡公園の入場料収入(1~9月)、76.17%減[観光]
(10月02日)
社会
クイーンマザー図書館(Queen Mother Library)が開館 カンボジア[社会]
(09月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース