カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年12月30日
  • カンボジアニュース

47社の地元企業にハラール認証が付与 カンボジア[観光]

news_201912302
(c)Khmer Times

 商業省によると、2018年に以降、47社の地元企業にハラール認証が付与された。クメールタイムズが報じた。

 ハラール認証制度が法的に運用されている国々へハラール製品として輸出する際には、輸出相手国のハラール認証機関から正式に承認を受けた認証団体が発行したハラール認証書が必要になるが、ムスリムに飲食サービスを提供する飲食店も厳格なハラール基準に基づき認証されている。

 現在、70社以上がカンボジアのハラール認証団体に申請中で、証明書の取得までには約1か月かかり、職員による現地監査も含まれている。関係者は、「企業はが認証書の取得を希望する場合、ハラール基準に厳密に従って食品が準備されるようにする必要がある」と述べた。

 カンボジアイスラムビジネス協会の会長のレイ・ヴェスナ氏は、「カンボジアでのハラール食品の需要はまだ比較的少ないが、成長する余地は十分にある」と述べた。

 ハラール認証を取得したパークカフェの責任者は、「イスラム教徒の国への直行便が増加する中で、レストランはイスラム教徒の顧客を引き付けることができる。プノンペンの中心部とシェムリアップでイスラム教徒のコミュニティの数が大幅に増加した場合、より多くの店舗のハラール認識を検討するだろう」と述べた。

関連記事
経済
2月20日市中感染拡大事件でレストランチェーンに多大な犠牲 カンボジア[経済]
(03月16日)
社会
ハラール専門の行政組織を商業省内に設立予定 カンボジア[社会]
(01月26日)
観光
来年のための観光事業の営業ライセンスの更新料金を免除 カンボジア[観光]
(12月11日)
観光
民間部門、来年の観光復興にほとんど希望を持っていない カンボジア[観光]
(11月24日)
観光
ナガコープ、シェムリアップに統合型リゾートの開発計画を発表 カンボジア[観光]
(11月18日)
観光
観光省、民間との協議会で中国人を優先した観光政策を提案 カンボジア[観光]
(30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジアの若き虎 TREND INTERVIEW Vol.2
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
カンボジアの若き虎 TREND INTERVIEW Vol.1
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース