カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年10月3日
  • カンボジアニュース

世界遺産のアンコールワット寺院、中国人と韓国人の観光客が減少[観光]

news_201910032
(c)Khmer Times

 シェムリアップにある世界的に有名なアンコール遺跡公園の外国人訪問者数が減少している。クメールタイムズ紙が報じた。

 アンコール・エンタープライズによると、今年1月から9月の間に160万人の外国人観光客がアンコールワットのチケットを購入しており、前年同期比で12%減少した。また、チケット販売による収入は7400万ドルとなり13%減少した。

 観光省の広報官によると、中国人と韓国人の観光客が減少し、他の国籍の観光客数は安定しているという。一方で、プノンペンとシアヌークビルの中国人訪問者数は増加した。

関連記事
経済
6月の観光客数は45万人に回復 カンボジア[経済]
(06月26日)
経済
カンボジア開発評議会(CDC)、4つ星ホテルの建設プロジェクトを承認[経済]
(06月11日)
経済
新たな衛生基準で観光業の活性化を図る カンボジア[経済]
(05月05日)
経済
ホテル・ゲストハウスに3カ月間の非課税措置 カンボジア[経済]
(04月21日)
観光
プノンペンの旅客者数、10年ぶりにシェムリアップを上回る[観光]
(04月07日)
観光
カンボジアが世界で1番の観光地と表彰される[観光]
(03月13日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース