カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2020年1月2日
  • カンボジアニュース

世界遺産アンコールワットへの観光客数が15%減少 カンボジア[観光]

news_20190102
(c)Khmer Times

 今週発表されたアンコールエンタープライズの最新レポートによると、2019年にアンコール遺跡群への入場料を支払った人の数は約220万人となり、前年比で15%減少した。

 チケット販売による収入は9900万ドルに達しました。

 アンコールエンタープライズは、主にアンコール遺跡群の入場料を徴収するための観光省と経済財政省が所管する行政機関だ。2018年には250万人に販売し、1億1600万ドルの売り上げた。

 観光省によると、シェムリアップの観光客の減少を防ぐため、2020-2021年の戦略計画を策定しており、コミュニティツーリズムやアグリツーリズムなどの新しい観光商品の開発によって観光の多様化を図り、観光客の滞在日数を伸ばしたい考えだ。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース