カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2016年7月25日
  • カンボジアニュース

カンボジア観光省、観光客呼び込みのため人民元の受け入れを推奨[観光]

 観光省は中国からの観光客を呼び込む目的で、ビジネス・観光業関係者に対し中国の通貨・人民元を受け入れるよう促している。

 カンボジアデイリー紙によれば、観光省は5月下旬に新戦略を発表し、2020年までに年間200万人の観光客を中国から呼び込むことを目標とした。

 一方で、アクレダ銀行イン・チャンニーCEOは、「人民元をビジネスで使用できるようにするのは難しいだろう。米ドルと比べて人民元の流通は限られている。政策自体はいいが、特に通貨の受け入れに左右される小売の現場では、難しい」と話す。

 ほとんどの現地ビジネスも、リスクが潜在利益を上回っているとしてイン氏に賛同している。

 プノンペン都内のある織物販売店のマネージャーは、「正直、良い案だとは思わない。米ドルについても偽札問題はあるのに、真贋がわかるほど人民元について知らない」と話す。

 シェムリアップのレストラン経営者は、「近年の中国人観光客らは、事前にリサーチをして現地のルールなどをよく知っているため、こうした取り組みが必要だとは思わない」と語る。

logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
観光
シェムリアップ-重慶間の直行便 さらに多くの中国人観光客が集まる[観光]
(21日)
観光
観光省 中国人観光客の誘致を呼びかけ[観光]
(21日)
観光
野生のトラ 観光業を押し上げる秘策に モンドルキリ州[観光]
(15日)
観光
カンボジア観光省 より多くの日本人観光客を誘致する計画[観光]
(11日)
経済
ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]
(07日)
経済
モンゴルの人気レストランチェーン リトル・シープがプノンペンにオープン[経済]
(06日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
多くのカンボジア人にとって海外旅行の選択肢が広がる [飲食・観光] アンディー・コンフン (2/2)
業界
カンボジア最大の銀行、アクレダ銀行[金融]イン・チャンニー (2/2)
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース