カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2018年12月14日

最新技術に驚くほど速く追いついている [IT・通信]ソク・チャンダ

通信・IT

メコンネット MEKONGNET Ltd.
CEO: ソク・チャンダ Sok Channda
カンボジアで主に企業向けのインターネットを提供している大手インターネットプロバイダーのメコンネット。安定した質の良いインターネット環境を提供している。メコンネットCEOのソク・チャンダ氏にこれからの通信産業について話を伺った。(取材日:2018年11月)
ISPのほとんどをアメリカとヨーロッパから輸入

――現在の御社について教えてください

 私たちは、質の高いサービスを提供することに注力しているため、顧客中心のアプローチを採用しています。 弊社はゆっくりと着実に事業を成長させたいと考えています。 私たちのビジネスはインターネットだけでなく、コンサルティングやソリューションを提供するシステムインテグレーションチームを擁しています。

――御社の強みは何でしょうか

 質の良いサービス、安定性、信頼性が弊社の強みです。弊社の主な顧客は信頼できるインターネットをお求めになる個人、または企業様です。なので弊社が扱うISP(インターネットサービスプロバイダー)のほとんどをアメリカとヨーロッパから輸入しています。弊社は国内でトップの光ファイバーバックボーンのデータセンターを2つ擁しているので、99.98%のDPLCやIPLCのような専用回線 を安定して提供することができます。 弊社のベストな回線をお使い頂けるだけでより良いデータトラフィック管理が可能です。さらにより広い帯域幅に対応して、共有回線上の加入者が専用回線のように感じるようになります。

――スマート社は4.5Gを提供していますが、モバイルネットワークキャリアは強豪だと思いますか

 どちらもインターネットを提供していますがマーケットが違います。スマート社は、エンドユーザーや一般消費者を基本的なニーズに合わせてターゲットにしていますが、我々のターゲットは銀行、金融機関、大学、大型レストラン、高級ホテルのような中規模または大規模の企業が多いです。 3G、4G、4.5Gを提供することは確かに素晴らしいですが、私たちの目標はお互いに平行です。

常に最新の技術が利用可能

――現在の御社のB to Bサービスについて教えてください

 弊社は、B2Bのつながりの中で価値を見出しています。最高の顧客とサポートサービスを通じ、お客様との信頼関係を築き、徐々に着実に成長し続けています。 私たちは、B2Bをエレガントな方法で成長させ、高品質なサービスを確実に提供できることを確信しています。

――カンボジアの通信産業は将来どうなると思いますか

 カンボジアは最新の技術革新に驚くほど速く追いついています。 悲しい歴史的出来事によって生み出されたギャップにより、カンボジアは他の国々と比べて数十年遅れているように見えるかもしれませんが、常に最新の技術が利用可能です。 カンボジアは技術の急速な成長を経験しており、毎年競争力が増しています。カンボジアは家に固定電話を持っていた経験はありませんでしたが、私たちはすぐに3G、4G、4.5G、DSL、Fiberに順応しました。 カンボジアは、他の国で30年から50年かかった技術開発を15年未満で達成しています。


メコンネット MEKONGNET Ltd.
事業内容:インターネットサービスプロバイダー
URL: https://www.mekongnet.com.kh/
関連記事
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(03日)
経済
セルカード 中国企業と提携しeSIMサービス開始 カンボジア[経済]
(12月21日)
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(12月08日)
経済
携帯情報サービス 個人ファイナンスの情報を提供[経済]
(10月02日)
経済
サタパナ銀行とパイペイが提携 顧客にモバイル送金機能を提供 カンボジア[経済]
(09月03日)
政治
中国政府 カンボジアの外交国際関係研究所にパソコン等を寄付[政治]
(07月25日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ

その他の「IT・通信」の業界インタビュー