カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

飲食・観光

2017年09月06日

環境に配慮したホテルを目指す サン&ムーンホテル

 SUN & MOON Urban Hotelは、サービス業界での先駆者となることを目指しています。

 現在までに当ホテルでは以下の活動を成し遂げ、また支援を続けています。

- 中古の石鹸を恵まれない子供たちに寄付
- 近隣の道路からゴミを無くす「CLEAN CITY project」に参加
- 連泊の場合、お客様からのご要望があったときのみベッドシーツ、バスタオル、歯ブラシを交換。歯磨き粉のみ毎日補充
- エアコンの電源を切る、センサーライトを導入する、従業員はエレベーターの使用回数を減らすなど、ホテル内で積極的な節電を実施
- ホテル内の80%以上の照明をLEDライトにする
- 塩素プールより科学薬品の割合が少ない塩水のプールを導入
- 紙ごみを減らすために、紙の再利用を推進
- きれいで新鮮な空気を確保するために、鳥や昆虫を引き付ける15種類以上の植物を置いた吹き抜けをホテル内に建設

 私達はより環境に配慮したホテルを目指して努力しています。

 また、当ホテルの水の浄化システムが正式に認定されました。

 現在私達は、再利用できるガラスのボトルにホテル内で製造した水を詰め替え、販売することを正式に認定されました。当ホテルで浄化された水は国際基準に沿っており、また浄化施設は、公共利用のための水の製造に関する国際衛生基準を100%順守しています。1時間で、500ml入りのボトルを200個以上製造することが可能です。

 これはより環境に配慮したホテルへの、大きな第一歩です。この設備で、当ホテル内だけでも年間で88,000以上のペットボトルの利用を減らすことができます。

 SUN & MOONブランドの500mlのガラスのボトルは客室に毎日設置され、無料でご利用いただけます。ペットボトルの水をご希望のお客様にはご用意いたしますので、従業員にお気軽にお申し付けください。

その他の注目記事

人気記事ランキング