カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月4日
  • カンボジアニュース

上海投資会社 カンポット州を経済特区計画 カンボジア[経済]

20181104
(c)Khmer Times

 中国の上海宏源投資会社(Shanghai Hongyuan Investment Co Ltd)は、深センやシンガポールのように変化を遂げることを期待し、カンポット州を経済特区に変える計画をしている。クメールタイムズ紙が報じた。

 現地メディア、サバイニュースの報道によると、カンポット州知事は、「中国の会社は、カンポット州を深センのよう繁栄都市にしようと熱心だ」と語った。

関連記事
経済
一帯一路構想にはリスクが伴うと専門家は指摘 カンボジア[経済]
(12月23日)
経済
セルカード 中国企業と提携しeSIMサービス開始 カンボジア[経済]
(12月21日)
経済
カンボジアエアポート利用者数 120万人増加の1000万人へ[経済]
(12月19日)
政治
鉄道インフラ部門において協力する日本と中国 カンボジア[政治]
(12月10日)
経済
フン・セン首相 中国の海軍基地建設報道を否定 カンボジア[経済]
(12月09日)
経済
電力のアクセスを強化する新たな融資 カンボジア[経済]
(12月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース