カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2018年10月5日
  • カンボジアニュース

開発進むプレアシアヌーク 観光業に影響か カンボジア[観光]

20181005
(c)Phnom Penh Post

 プレア・シアヌーク州の観光課は、「プレア・シアヌーク州は、今年の上半期、130万人以上の観光客が訪れた」と述べた。プノンペンポスト紙が報じた。

 内訳は、約100万人が国内観光客、29万782人が外国人観光客、そのうちの8万4664人が中国人観光客だった。去年の上半期と比べると、10.12パーセントの増加した。

 プレア・シアヌーク州のビーチは、かつては、世界の最も美しいビーチのひとつとされていた。しかし、近年の開発プロジェクトによって、その状態が保てなくなっている。結果として、シアヌークビルへの中国人観光客、投資家の流入は、観光産業に悪影響を及ぼしている模様だ。

 この問題を受けて、観光省タオン・コン大臣は1日、州の関係者、ステークホルダーと州の観光の課題について解決策を模索したようだ。

関連記事
経済
クラチェ州ブンタン GI取得により価格上昇 カンボジア[経済]
(14日)
経済
ジェットコンテナナイトマーケット閉鎖 カンボジア[経済]
(13日)
経済
シアヌークビル国際空港 旅客数急増 カンボジア[経済]
(12日)
経済
水上タクシー さらに多くの駅の建設を検討 カンボジア[経済]
(12日)
経済
シアヌークビル の海 廃棄物による汚染進む カンボジア[経済]
(11日)
社会
下水道プロジェクトが進行中 カンボジア[社会]
(10日)
あわせて読みたい
業界
カンボジア人の国内旅行者数は毎年上昇 [飲食・観光]西村 清志郎
業界
近年は観光客とビジネスマンに分けられます [飲食・観光]クロイ・リティ
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース