カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年3月3日
  • カンボジアニュース

ロイヤル鉄道、プノンペン~シアヌークビル間を結ぶ旅客鉄道、4月運行[社会]

news_20160303
(c)Phnom Penh Post

プノンペンポスト紙によると、国鉄運営権を30年間保持しているロイヤル鉄道によりプノンペン~シアヌークビル間を結ぶ266㎞の旅客鉄道「南線」が来月4月、14年ぶりに運行すると発表した。

取材に応じたロイヤル鉄道のマネージャー、サム・オーエンティス氏は、休暇中の渋滞緩和と交通事故件数の減少を期待し、クメール正月(4月13日から26日)前に開始予定であり、これが新たな歴史の始まりになる事を願うと話した。

旅客鉄道は5車両編成で乗車人数400人、通常の車両には扇風機、VIP用にはエアコンが装備される。シアヌークビルまでは時速33㎞約8時間の道程で、価格は未定だがバスよりも安くなるという。

プノンペン~シアヌークビル間の鉄道は線路と設備の老朽化により2002年、旅客列車、貨物輸送共に運行を停止したが、大規模な改築後、2013年に商業輸送として再開。現在はロイヤル鉄道により、燃料、石炭、セメント、コンテナ輸送に使用されている。

オーエンティス氏は、通常の旅客鉄道に加えてプライベートチャーターサービスも提供すると話す。

カンボジア旅行代理店協会の会長、アン・キム・イアン氏は、旅客鉄道の待望の再開は、国道4号線を使う3~4時間の車旅行とともに国内外の旅行者に選択肢を与えると話す。

関連記事
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(20日)
観光
アンコールワットのチケット収入 72%増加へ[観光]
(08日)
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(07日)
経済
プノンペン都内から空港までの鉄道 4月完成予定[経済]
(12月24日)
経済
新たな物流業のマスタープラン 来年3月までに準備 カンボジア[経済]
(12月19日)
観光
国内22カ所のリゾートをロールモデルに選定 観光省[観光]
(12月07日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
多くのカンボジア人にとって海外旅行の選択肢が広がる [飲食・観光] アンディー・コンフン (2/2)
業界
カンボジア人に常に新しい海外旅行を提案 [飲食・観光] アンディー・コンフン(1/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース