カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年6月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア保健省 雨季にインフルエンザを警告[社会]

news_201816242
(c)Khmer Times

 保健省は、雨季に流行する季節的な病気に注意するよう全国の住民に訴えている。クメールタイムズ紙が報じた。

 20日水曜、保健省の伝染病管理部長は、「雨季に突入したことに伴い、インフルエンザの症例が増加している。特に5歳未満の子供と65歳以上の高齢者にH1N1型とB型インフルエンザが発症していることが判明した。大規模な流行はまだ確認されていないが、住民は引き続き注意が必要だ」と語った。

 保健省は以前、H1N1型とB型インフルエンザを季節性インフルエンザと指定している。水資源気象省によると、同国は6月18日から24日まで天候が厳しくなると予想されており、同時に感染にも注意が必要だ。

関連記事
社会
PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
(06月28日)
社会
2021年に6000人以上の公務員を採用 カンボジア[社会]
(11月17日)
社会
安全性の高い20校が来月から再開予定 カンボジア[社会]
(07月23日)
経済
ブライダル業界の低迷 カンボジア[経済]
(07月22日)
社会
世銀、医療人材の育成システムの強化に1500万ドル融資 カンボジア[社会]
(06月01日)
社会
カンボジア政府 地方自治体に対し小規模集会の許可を指示[社会]
(04月29日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。[医療・医薬] 野々村 秀明
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース