カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2020年9月3日
  • カンボジアニュース

労働組合側は最低賃金11ドル以上の引き上げを要求 カンボジア[労働]

20200903
(c)Khmer Times

 労働組合は、労働職業訓練省で開催予定の最低賃金評議会において、最低賃金を11.59ドル引き上げるよう要求する見込みだ。クメールタイムズが報じた。

 労働者運動集団連盟(CUMW)とカンボジア労働総連合(CLC)は8月下旬に、現在の月額最低賃金190ドルの6.1%にあたる11.59ドルの賃上げを提案することで合意した。

 CLC のアト・ソーン会長は、「賃上げ案に関しては、衣料品や履物、ハンドバッグ製造等に従事する労働者のみを対象とする。この賃上げは業界内のインフレと生産性、収益性という3点のみを考慮している」と述べた。

 本来7月に行われるはずの年間最低賃金交渉は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により9月に延期となっていた。

 CUMWのパウ・シナ代表は、「私たちは交渉を必要としている。しかし新型コロナウイルスとEBA離脱により交渉は課題に直面している」と述べている。

関連記事
労働
出入国在留管理庁が送り出し機関の高額な仲介料が失踪の主因と指摘。カンボジアの3機関が受け入れ停止処分[労働]
(10月10日)
経済
カンボジアの輸出、GFTセクターは低下 最賃交渉はまとまらず[経済]
(09月12日)
労働
カンボジア労働相、労働者とともに昼食を共にし、生産活動を視察[労働]
(08月25日)
労働
カンボジア政府が音楽トレーニングプログラムと音楽家の協会を設立[労働]
(07月20日)
労働
カンボジアは労働条件改善において大きな進展を遂げる イット労働大臣[労働]
(07月18日)
社会
新農林水産大臣にティナ・ディット氏が昇任
(11月08日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース