カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年6月11日
  • カンボジアニュース

プレアシアヌーク州で大規模な果物加工工場の建設計画 カンボジア[経済]

20200611-1
(c)Khmer Times

 カンボジアと中国の投資家により、プレアシアヌーク州での大規模な果物加工工場の建設プロジェクトが進んでいる。クメールタイムズが報じた。

 カンボジア開発評議会(CDC)からは今年2月に開発の承認を受けており、880万ドルを投じ、201人の雇用を創出することが見込まれている。

 この工場では主にマンゴーやバナナ等をドライフルーツに加工する処理が行われ、地元で供給過剰となっているマンゴー農家の支援にもつながるという。

関連記事
経済
今年上半期の大型投資プロジェクトの約65%が中国から カンボジア[経済]
(17日)
経済
5つの大型投資プロジェクトを承認(投資総額5000万ドル、雇用創出1万4千人) カンボジア[経済]
(11日)
経済
カンボジア・バッタンバン州に9500万ドルのセメント工場が建設される[経済]
(06月20日)
経済
カンボジア初、遂に原油の生産が開始される[経済]
(12月31日)
社会
2021年に6000人以上の公務員を採用 カンボジア[社会]
(11月17日)
経済
シアヌークビルの「スマートシティ」戦略に向けて豪州支援 カンボジア[経済]
(08月10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア開発評議会事務局長、ソク・チェンダ大臣が語る「日本人投資家に寄せる期待」
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
業界
自分の頭で考えてイノベーションを形にしていくのがカンボジアの生きる道[人材・コンサル] 伴 俊夫 (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース