カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年5月2日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル自治港の貨物輸送量、今年第1四半期に16%増[経済]

news_201905021
(c)Khmer Times

 カンボジア唯一の深海港であるシアヌークビル自治港の貨物輸送量は、今年第1四半期に16%増加した。クメールタイムズ紙が報じた。

 これは、公共事業運輸省スン・チャントール大臣が発表したもので、シアヌークビル自治港の今年第1四半期の貨物輸送量は13万9889TEU(20フィートで換算したコンテナ個数を表す単位)と、昨年同期の12万594TEUに対し、18%の増加となった。

 カンボジア貨物運送協会(CAMFFA)のシン・チャンティ会長によると、貨物の大部分は衣料品と農産物だという。

 スン運輸大臣は、「港を通過するコンテナの量は来年70万TEUを超え、2023年までに100万TEU以上になるだろう」と、今後数年間で貨物輸送量がさらに速いペースで成長すると予測した。

 また、新しいターミナルの建設は来年から約2億300万ドルの投資で実施され、2024年までに完了予定だ。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース