カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年3月21日
  • カンボジアニュース

現地インターネットサービスプロバイダーがG-PONを採用 カンボジア[経済]

news_201903212
(c)Khmer Times

 現地インターネットサービスプロバイダーのSIネットは19日、フィンランド通信機器大手ノキアと協力して、プノンペンとシェムリアップのボレイ(戸建て集合住宅)向けに、G-PON(ジーポン、光ファイバー伝送技術)による高速ブロードバンドサービスを提供する。クメールタイムズ紙が報じた。

 G-PONは、日本でのフレッツ光等が提供するGE-PON(ジーイーポン)より2倍速い伝送技術。

 SIネットのメタ・スイCEOは、「我が社が提供するビデオストリーミングやホームセキュリティシステムを含む一連のホームサービスの基盤を形成するだろう」と述べ、「カンボジアの市場は低価格・低品質な住宅用ブロードバンドサービスで溢れている。サービスは国際的なブロードバンド標準と同等でなければならないため、ノキアを選択した」と付け加えた。

関連記事
経済
カンボジア、中国支援による国営海底光ファイバーケーブル構築[経済]
(11月15日)
統計
カンボジア、世界で最も安価なモバイルデータ料金を提供する国として5位に[統計]
(10月18日)
経済
ティックトックがフェイスブックを上回る カンボジアのデジタルマーケティング領域[経済]
(07月05日)
経済
通信事業者17社、免許取り消しなどの行政処分 カンボジア[経済]
(10月21日)
社会
eラーニングへの取組 課題は都心部と農村部の不平等さ カンボジア[社会]
(03月31日)
経済
カンボジアでモバイルインターネットユーザーが増加[経済]
(12月26日)
あわせて読みたい
業界
顧客基盤のサービスとニッチ市場開拓が競争相手との差別化になる[金融・保険]リー・ジンヨン
業界
日本式のホームセンターがない国には、我々の存在意義がある[卸売・小売]米田 裕二
業界
ISP業者にとって5Gは脅威というよりはお世辞 [IT・通信]ソク・チャンダ
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース