カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]

news_201806143
(c)Khmer Times

 プノンペン都ダンカオ区の土地価格は、この地域の多くの新規開発プロジェクトのため過去6年間で急上昇している。クメールタイムズ紙が報じた。

 現地不動産会社のVトラストのレポートによると、INGシティや新国際空港の開発が盛んに行われているダンカオ区の特にチュンエク地区の価格は2012年以降35%増加した。

 報告書によると、2012年には217通りに沿った空き地の平均価格は1平方メートル当たり100ドルだったが、同じ通りの昨年の価格は1平方メートルあたり300~600ドルだった。

関連記事
経済
コンドミニアム、賃料と販売価格がともに低下 カンボジア[経済]
(01月14日)
経済
高需要を背景にボレイ(土地付き住居)の平均販売価格が上昇 カンボジア[経済]
(10月09日)
経済
パンデミックにより不動産業界は第2四半期に大きな打撃 カンボジア[経済]
(07月15日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
経済
カンボジアのコンドミニアムの販売価格、下降は僅か 第1四半期[経済]
(04月14日)
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
これ以上無いほど徹底して利便性を追求[不動産]ジュリアン・ホー チェニー・チャン
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース