カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2022年08月30日

[PPCBank] 国際送金受取の着金手数料無料+定期預金特別金利(2022年内着金分まで)

期間限定! PPCBank口座なら着金手数料が無料!

  
 PPCBankでは、カンボジアへのビジネス進出における国際送金の強い需要にお応えするため、PPCBank口座での国際送金受取の着金手数料無料プロモーションを実施しています。

 ビジネス用途に限らず、個人のお客様のPPCBank口座での国際送金お受け取りの際にも本プロモーションは適用となります。この機会にPPCBank口座をぜひともご活用ください。

  
■2022年内はPPCBank口座での着金手数料が無料に

 通常、国際送金受取時には「着金額の0.07%(手数料最小金額10米ドル)」の着金手数料が適用となるところ、期間限定にて以下のプロモーション内容が適用となります。

– 期間:2022年12月31日(土)着金分まで
– 対象:PPCBank普通預金口座(Saving Account) または PPCBank当座預金口座(Current Account)での米ドル通貨建て国際送金お受け取り
– 内容:国際送金受取時の着金手数料無料

※ 米ドル以外の通貨による国際送金お受け取りはプロモーション対象外です。

  
■カンボジア国内送金お受け取りはいつでも手数料無料

 PPCBank口座での国内送金お受け取りは、プロモーション有無に関わらず手数料無料です。

 カンボジア国内銀行の一部では国内送金お受け取りが有料として規定されている一方、PPCBank口座での国内送金お受け取りには着金手数料は一切かかりませんので、安心してご利用いただけます。

  
■さらに米ドル定期預金に特別金利「+0.40%」のチャンス!

上記プロモーション期間中の国際送金受取を対象に、お受け取り資金をもとにPPCBankでの米ドル定期預金(3ヶ月〜24ヶ月)を新規開設いただけますと、通常の店頭金利に「+0.40%」追加となる特別金利ボーナスが適用となります。

– 適用対象:上記プロモーションでの米ドル通貨建て国際送金お受け取り資金をもとにした新規定期預金開設(2022年12月31日(土)新規開設分まで、定期預金ご契約期間は3ヶ月 / 6ヶ月 / 12ヶ月 / 18ヶ月 / 24ヶ月のいずれか)
– 特別金利:PPCBank店頭金利に対して「+0.40%」

 こちらの条件を満たした特別金利適用での定期預金開設手続きをご希望の場合には、PPCBankジャパンデスクまでお気軽にご連絡ください。
  
■国際送金も法人口座開設もPPCBankジャパンデスクが日本語サポート

 国際送金にまつわる気になるお手続きも、日本人スタッフ常駐のPPCBankジャパンデスクでしたら日本語で詳細にご確認いただけます。

 カンボジア法人様の法人口座開設、商業登記済みの個人事業主様のビジネス口座開設も日本語でご案内しておりますので、ぜひともお気軽にお問い合わせください。

  
■お問い合わせ先

  
PPCBankジャパンデスク(PPCBankオルセー支店2階)
TEL: +855 61 444 608(日本語対応)
日本語WEBサイト: https://www.ppcbank.com.kh/japan-desk/
営業時間: 月~金 8:00-16:00、土 8:00-12:00(定休日: 日曜、カンボジア祝祭日)

関連記事
社会
PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
(06月28日)
経済
PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
(02月04日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(12日)
経済
中小企業銀行と農業開発銀行、中小企業へ6300万ドル融資 カンボジア[経済]
(07月31日)
経済
マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]
(06月08日)
経済
PPCBankが社債上場 商業銀行としては2例目 カンボジア[経済]
(04月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1

その他のプロモーション情報

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!
(05月16日 - 06月15日)PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済     各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。  QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決...
[PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
(03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。
(02月01日 - 02月28日)プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。 イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 ...
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース