カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2022年01月25日

Jトラストロイヤル銀行のKramoun Sar 支店とTuol Kouk 支店で納税サービスを開始しました!

 Jトラストロイヤル銀行の納税サービスについて新たな一段の利便性を実現!
 2021年12月6日より、企業法人のお客様は、資産税類、未利用土地税、印紙税、道路税支払いなど、あらゆる税金の支払いを、JトラストロイヤルKramoun Sar支店およびTuol kouk支店(月~金:8時~15時30分)やインターネットバンキングのJTR Connectで行うことができるようになりました。
 詳しくは、カスタマーケアセンター(023-999-000)までお問い合わせください。

お問い合せ先
■ジャパンデスク(日本語) 
Tel : + 855 77 555 024 (リン直通)
Email : japandesk@jtrustroyal.com ; rathkimlin.ro@jtrustroyal.com

■ビジネスサービスセンター  
Tel : +855 23-999-255
Tel : +855 23-999-910
Email : BusinessService@jtrustroyal.com
https://jtrustroyal.com/en/corporate/
営業時間:8:00 ~ 16:00 (月曜日~金曜日)

関連記事
社会
PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
(06月28日)
経済
PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
(02月04日)
経済
コロナ前に設定した税収目標を達成できる見込み カンボジア[経済]
(12月23日)
経済
キャピタルゲイン税の徴収を2021年末まで延期 カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(10月12日)
経済
ホテル・ゲストハウスに3カ月間の非課税措置 カンボジア[経済]
(04月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
常に専門性の高い知識が必要[法務・税務・会計] 宮田 智広
業界
出張手当設定を指摘されるケースが散見[法務・税務・会計] マック・ブラタナ、ドゥク・ダリン
業界
税法や労働法など法律は毎年頻繁に変わる[法務・税務・会計] 安藤 朋美

その他のプロモーション情報

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!
(05月16日 - 06月15日)PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済     各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。  QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決...
[PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
(03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。
(02月01日 - 02月28日)プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。 イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 ...