カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年5月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア建設省、土地問題の進展について国連と会談[社会]

news_201905101
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省チア・ソパーラー大臣は7日、国連人権理事会(UNHRC)特別報告者のローナ・スミス氏と土地関連の問題について会談した。プノンペンポスト紙が報じた。

 同省によると、国内約700万区画のうち、74%にあたる520万区画の土地の登記が完了している。また、8062件の土地紛争を解決し、24の先住民族コミュニティの土地を登記したという。

 コンポンチュナン州の水上集落の住民の移転や、土地紛争を解決するための一般的なガイドラインについても話し合った。

 チア大臣は、同省が先住民コミュニティの残り2000件の土地登記を急ぐことをスミス氏に伝えたという。

 スミス氏はフェイスブックで、前回のカンボジア訪問以降の土地問題の解決における進歩を見てきたことと、チア大臣との会談で進行中の土地紛争についても話し合ったことについて投稿している。

関連記事
経済
カンボジア国立銀行、不動産部門の成長は減速すると予測[経済]
(04月26日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
社会
すべての建物に身体障害者の対応を要求 カンボジア建設省[社会]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
首相 プレア・シアヌーク州知事、各大臣へ評判の回復を要求 カンボジア[経済]
(12月19日)
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース