カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年7月12日
  • カンボジアニュース

カンボジア王室からカンタボパ小児病院に100万ドルの恩賜[社会]

news_201807123
(c)Khmer Times

 ノロドム・シハモニ国王の声明によると、王室は、子どもたちに無料で医療を提供し続けるために、カンタボパ小児病院に100万ドルの寄付した。クメールタイムズ紙が報じた。

 フン・セン首相は今後5年間、毎年5万ドルを財団に拠出すると発表し、政府は病院の運営に毎年1000万ドル、財団に500万ドルを拠出すると述べた。

 病院の運営費は多くの寄付で成り立っており、カンボジア政府は4.7%、スイス政府は8.9%を寄付している。残りの86.6%は、主にスイスの個人ドナーからのものである。

 昨年から、アンコールワットへのチケット価格には、カンタボパ財団への2ドルの寄付が含まれている

関連記事
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
米系酪農企業 カンボジア産牛乳の生産を拡大[経済]
(12月24日)
経済
プノンペンの賃貸マンションユニット数 2030年までに3倍に カンボジア[経済]
(12月20日)
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(12月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース