カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年7月5日
  • カンボジアニュース

カンボジア西部の鉄道 最終区間が正式発足[社会]

news_201807054
(c)Khmer Times

 4日、カンボジア西部の鉄道の最終区間が正式に発足し、プノンペンからタイとの国境にあるポイペトまで約386キロを移動することができる。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアの鉄道ネットワーク管理会社であるロイヤル鉄道は路線をさらに改善し、近代化するために、現代の列車エンジンと貨物車を購入することをスン・チャントール運輸大臣が明らかにした。

 カンボジア貨物運送業者協会の会長は、「この路線を開くことで、首都の交通渋滞が緩和される。旅行や貨物輸送サービスも容易になるだろう」と語った。

 乗客は7月末まで無料で利用できるようになるが、その後の料金はまだ決定されていない。

関連記事
経済
シェムリアップ道路 1500万ドルかけ修復 カンボジア[経済]
(09日)
政治
カンボジア初の大型車両センターを開設 カンボジア[政治]
(02日)
経済
ポイペトに初の空港を建設 カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
水上タクシーと西部鉄道 無料期間延長 カンボジア[経済]
(08月02日)
経済
「日本政府はインフラ資金を削除しない」 カンボジア運輸大臣[経済]
(07月25日)
社会
9月にメキシコ製鉄道車両が到着 カンボジア[社会]
(07月19日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース