カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年6月11日
  • カンボジアニュース

パイペイ 交通サービスの支払いのキャッシュレス化で政府と提携 カンボジア[社会]

news_201806112
(c)Khmer Times

 電子決済プラットフォーム、パイペイ(Pi Pay)は、公共料金の支払いについて公共事業運輸省と覚書に署名した。クメールタイムズ紙が報じた。

 同省のスン・チャントール大臣とパイペイのトーマス・ポコルニーCEOは、車検や車両登録、運転免許の申請、水上タクシーのチケット購入など、手数料や公共料金をキャッシュレスによる支払いを可能とする覚書に署名した。

 昨年6月にローンチされたパイペイは、プノンペンやシェムリアップを中心に約2000のパートナーと契約しており、25万人以上がアプリをダウンロードしている。今後は、シアヌークビルとバッタンバン州に拡大し、今年末までに40万人のユーザーアクセスを目指しているという。

 スン大臣は、「政府は、常に業界をリードする企業とのパートナーシップを模索している。キャッシュレス化について、同様の取決めが、ウィング、リーホーヴェルイ、スマートルイなどの送金サービス提供会社と共同で進められている。今日の覚書は、輸送サービスの利便性、迅速性、効率性をさらに向上させるだろう。また、パイペイが拡大し、カンボジアが国際的なアプリ開発ができることを世界に示したいと思う」と話す。

 ポコルニーCEOは、「同契約は、キャッシュレス利用を促進する大きな一歩となる。コストに関しても、可能な限り無償でのサービス提供を目指している」と述べた。

関連記事
経済
モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]
(10日)
社会
カンボジア初の高速道路 3月22日に起工予定[経済]
(06日)
経済
小口資金融資アプリ「スピアンローン」 30万ドルの資金調達[経済]
(02月08日)
経済
シンガポール発の配車アプリ「タダ(Tada)」がカンボジアへ新規参入[経済]
(01月31日)
経済
カンボジア人の若い起業家が出前アプリに新規参入[経済]
(01月24日)
経済
プノンペンの北西に物流センターの建設計画[経済]
(01月15日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
まだ未開発の地域がカンボジアのポテンシャル[金融・保険]トーマス・ポコルニー(2/2)
業界
カンボジアにキャッシュレスな支払いのインフラを建設する[金融・保険]トーマス・ポコルニー(1/2)
業界
人口の80%は銀行口座を持たない [金融・保険] ジョジョ・マロロス
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース