カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年3月19日
  • カンボジアニュース

顔を隠した農民ライダー 林業監視局を襲撃 モンドルキリ州[社会]

 顔を隠した数十人の農家がモンドルキリ州の林業監視局を襲撃し、放火した。自然保護地域でキャッサバを育てることを拒まれたことによる報復だと疑われている。カンボジアデイリー紙が報じた。

 コミューンチーフは、「私が知る限り、25台のバイクに乗ってきた40人の男が、森林の伐採を防ぐために2015年に建てられた木造の建物を燃やした。放火犯の身元は分からない。2013年にコンポンチャム州クラチェ州プレイベン州から移住してきた農家が、開墾のために違法な森林伐採を試みており、現在では約300人ほどいるため、伐採を防ぎづらくなっている。森林には少数民族のブノン族が生活しており、森林伐採が進めば彼らの生活が脅かされる」と語った。

 警察署長は、「この事件を調査中であるが、まだ誰が責任を負っているかが不明である」と述べた。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング