カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年8月14日
  • カンボジアニュース

重要歴史的建造物に関する高さ規制、ガイドラインが明確化[社会]

news_201608142
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンで多くのビルが建設される中、政府は歴史的・文化的に重要な遺跡の保護にも重点を置いている。

 国土整備・都市化・建設省のスポークスマンによれば、重要歴史的建造物周辺の新たな建築物に関する規制草案はまだ無いものの、「大臣がプノンペン都庁側の責任者と会談し、ワット・プノンや王宮などの重要歴史的建造物に関して合意があった」と語った。

 同氏によれば、独立記念塔から300メートル圏内では新建築物の高さが20メートル以内、300~500メートル圏内では30メートル以内に規制される。また、王宮付近では、中心地から300メートル圏内であれば高さ14メートル以下、300~500メートル圏内では25メートル以下となっている。

 ガイドライン自体は新しいものではないが、建設省と都庁が連携してこれからも規制遵守を働きかけるという。

 同氏は、「将来的には都内の全地区に対し、高さ規制に関する草案が作成されるだろう」と述べた。

 プノンペンポスト紙によると、文化芸術省の担当責任者は、「カンボジアは前に進んでいく必要があり、わが省には『発展のために保護し、保護のために発展する』という明確なポリシーがある。保護と発展は両輪であるべきだ」と語った。

関連記事
社会
障害者の交通安全を向上させるプロジェクトを発表 カンボジア[社会]
(08月27日)
経済
高層建築物に関するフォーラム開催 カンボジア[経済]
(07月03日)
経済
カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]
(06月22日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
プノンペン・ダイアモンドアイランドに新しく1億ドルの高層ビル建設予定[経済]
(06月01日)
経済
150社以上集まる建築・デザイン製品の博覧会開催 カンボジア[経済]
(05月28日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース