カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

TOP INTERVIEW
トップが語る、カンボジアビジネス(2017年05月発刊6号より)
困難ではありながらも苦には感じず、むしろ幸せな時間であったと感じています。 (2/2)

1990年代インターンシップでカンボジアを訪れたことがきっかけとなりカンボジアで起業した。
カンボジアで最も有名な本格フランス料理レストラン、トパーズを成功に導き、その後レストラン・ホテル・デリショップなどカンボジアのホスピタリティー業界を牽引してきた。
そんなタリアスグループCEOアーナウド・ダーク氏に、カンボジアでの事業展開や問題などについて話を聞いた。

(1/2)からの続き

フランス・カンボジアの愛国者として

食材に対するこだわりとは。

 タリアスグループでは大きく2つのレストランブランドがあり、一つがフランス料理レストランのトパーズです。フランスの市場から食材を仕入れ、カンボジアに輸入しています。それはなぜか?私はフランス料理が好きでフランスの食品が好きだからです。カンボジアにより良い品質の食材を供給することで、フランスの良い品を世界に伝えたいと考えています。私はフランスの愛国者なのです。

 例えば、オイスターはフランスから輸入した新鮮なものを使用しています。幸いカンボジアの人々にもそういった食材が好評で、フランスから月に2、3回の出荷を行っています。

 そしてマリス(Malis)では、カンボジア産食材のプロモーションを行っています。私はカンボジア愛国者でもあります。私たちは可能な限り、コメの生産者などの食材を利用して、カンボジアの農業をサポートしていきたいと考えています。タリアスではフランス料理・カンボジア料理の両方の食材を支えていきたいと考えています。

タリアスグループのその後の展開とは。


 トパーズオープン後、私たちはアマンジャヤホテル(AMANJYAYA)とKWestという別のレストランをオープンし、その後フランス風カンボジア料理レストランのマリスをオープンしました。

 その後3つのカフェをオープンしましたが、2009年にそのビジネスを売却しました。2015年私たちは新しいブランドのケーマ(Kema)デリショップを始め、そこでワインの販売やレストランを展開しました。その他にも小規模なブティックホテルや、ラグジュアリーホテルを建設、昨年にはシェムリアップに新たなマリスレストランをオープンしました。カンボジア料理を提供するとても素晴らしく、美しいレストランです。

 今年、私たちはもう一つBtoBのビジネスとして、フランスから輸入したフランス製品をホテルやレストランに販売するビジネスをはじめました。今後はケーマブランドの店舗をプノンペンとシェムリアップにそれぞれ1店舗ずつオープン予定です。

カンボジアで、カンボジア人と共に働くこと

カンボジアで成功するために必要なこととは。

 カンボジアでのビジネスにおいては、継続性が重要だと思います。

 困難に直面しても決してあきらめずに続けるということです。私たちのビジネスにおいても、困難がありました。私たちがトパーズをオープンした1997年には2人の首相の間で闘争があり、ビジネス状況は急激に悪化しました。全てのホテルは空室だらけになり、レストランもお客様が減少しました。

 1998年にはタイを発端としたアジア通貨危機が起こり、カンボジアもその影響を受けました。

 しかし、私たちは困難に直面しても逃げずに留まり、カンボジアで働き続けました。それが可能になったのはタリアス従業員の結束力です。私たちと共にビジネスをはじめた多くの従業員は、どんなことがあっても一緒に働き続けてくれました。今では彼らの子供も成長し、私たちと一緒に働いてくれています。大きな「タリアスファミリー」です。

 この国はとても若く、様々な機会・チャンスがあります。カンボジアの人々はいつも熱心に学び、とても忠実です。我々のスタッフに限って言えば、より良い給料を求めて仕事を変えるような従業員はいません。10年~20年間働き続けるスタッフも多いのは、彼らが何かを学びながら働いているからだと思います。

 将来に対してはとても楽観的です。なぜならこの国はより多くの投資を必要として、成長のポテンシャルは非常に大きいです。カンボジアはアジアの中心に位置していて、アジアのどの国にも簡単にアクセスできます。私はカンボジアの将来の成功に対してもとても楽観的です。

カンボジアのホスピタリティー業界が直面している問題点とは。

 1998年以降政権は安定し、20年間経済は成長し続けています。通貨も管理され、貨幣価値もコントロールされています。若年層が多い国なので労働力人口も多く、雇用者の選択肢は多様です。しかし、教育機関が不足しているため、私たちの求める技能を持った人材を見つけることが非常に困難です。これは非常に大きな問題です。

 私は、カンボジア政府が取るべき最優先事項は教育への投資だと思います。10年~15年後は様々な技能を持つ人々が出てくる希望的な観測を持っていますが、特にホスピタリティー業界では能力のある人材を見つけ出すことが非常に難しい状況にあります。

 私たちの会社では、カンボジア国内のホテル協会やレストラン協会、カンボジア観光協会に対してホスピタリティー業を学ぶ学校設立への支援や、海外からの資金援助を求めています。

 政府や国有企業、民間企業が手を組み、職業訓練学校を設立することで、ホスピタリティー業界に人材を供給していくつもりです。こういった問題に対して、私たちは自ら解決方法を見つけていかねばなりません。

進出する日系企業へのメッセージ


 カンボジアは投資先としてアジアの中で最も外国人に開かれた国であり、外国人が投資を行う理想的な環境が整っています。カンボジアでビジネスを始めたいという方には、是非カンボジアでの起業をお勧めしたいです。カンボジアはアジアの中心に位置し、他のASEAN国との結びつきも強いです。資金を動かすことも容易で、税金は比較的安い。そういった部分ではカンボジアは他の国よりも優位でしょう。私はここでこの国の発展を楽しみにしたいと考えています。

タリアスグループ
CEO
アーナウド・ダーク
Arnaud Darc
フランス出身。学生時代インターンシップ先としてやってきたカンボジアで就職後、起業。カンボジアで最も有名な本格フランス料理レストラン、トパーズを成功に導き、その後レストラン・ホテル・デリショップなどを展開。タリアスグループのCEOとして従業員500人を率いている。ヨーロッパ・カンボジア商工会長でもある。

関連記事
経済
モンゴルの人気レストランチェーン リトル・シープがプノンペンにオープン[経済]
(10月06日)
経済
カンボジアのホテル業界 競争の激化[経済]
(09月09日)
経済
カンボジア料理・クイティウの普及のため、ブランド立ち上げ[経済]
(09月03日)
経済
ミシュランの星付きレストラン イオンモールにオープン[経済]
(08月12日)
経済
バンコクの大手日本食チェーン プノンペンに進出予定[経済]
(08月08日)
日系
シェムリアップ州 日本の支援でパブストリートに防犯カメラ設置へ[日系]
(07月25日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテルでフルムーンパーティーが開催!
注目
フランスの有名なアーティスト Khalil Maoueneのアコースティックライブを開催!
注目
サン&ムーンホテルでハロウィン仮装パーティーが開催!
注目
環境に配慮したホテルを目指す サン&ムーンホテル
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ

その他の特集記事