カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2019年11月1日
  • カンボジアニュース

カンボジアは依然としてマネーロンダリングに対して脆弱と判断[政治]

news_201911011
(c)Khmer Times

 国際的なマネーロンダリング(資金洗浄)監視組織、金融活動作業部会(FATF)が先月発表した報告書によると、カンボジアは引き続き「グレー・リスト(非常に脆弱な国)」入りとなっている。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアが今年2月にグレー・リストに追加された後、政府はマネーロンダリング防止(AML)とテロ資金供与対策(CFT)に関する技術的欠陥に対処するための政治的コミットメントを行い、改善に向けて措置を講じていた。しかし、カジノや不動産業に対する監視体制の強化など含んだ行動計画の実施を継続する必要性から、引き続きグレー・リストに追加されたままとなった。

 FATFには、カンボジアを含む41の加盟国があり、今回の報告書でグレー・リスト入りした国は、カンボジアのほかに、バハマやボツワナ、ガーナ、アイスランド、モンゴル、パキスタン、パナマ、シリア、トリニダードトバゴ、イエメン、ジンバブエが含まれている。一方で、グレー・リストから除外された国は、エチオピアやスリランカ、チュニジアだった。

 マネーロンダリング防止ワークショップの専門家は、「カンボジアのカジノや不動産セクターの急速な成長はマネーロンダリングに起因する。流入する違法な資金のほとんどは、中国から来たと考えられる」と述べた。

関連記事
経済
カジノ税収、オンライン賭博の禁止法令により来年は減収か カンボジア[経済]
(10月24日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
経済
ポイペトのカジノ運営会社、法的紛争に起因し金銭的損失[経済]
(09月10日)
経済
カンボジアのオンラインカジノなどの禁止司令を中国政府が支持[政治]
(08月22日)
社会
中国人が国境都市ポイペトに群がる カンボジア[社会]
(04月29日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース