カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年11月25日
  • カンボジアニュース

外国人労働者に関する許可申請締切を12月末に延長 カンボジア[労働]


(c)Khmer Times

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、企業の、来年の外国人労働者募集に関する許可申請の締切日を、今月末から来月末に延長した。クメールタイムズが報じた。

 22日に発表された声明で、大臣は、自動労働力データ管理システムの導入に関する2016年の労働法の指令では、すべての企業は11月末までに翌年の外国人労働者募集の許可申請をしなければならないと指摘した。
  
 大臣は、「申請が遅れている企業や事業所が見受けられるため、今年の締切は12月末に延長した。許可申請をせず違法に外国人労働者を雇用した企業に対しては、労働法第16章の規定に基づいて対処し罰金が科せられる」と述べ、雇用主は12月31日までに2020年の外国人労働者募集の許可申請をするようにと注意喚起した。

 労働職業訓練省のレポートによると、93か国16万77人の外国人がカンボジアの様々なセクターで働いており、そのうち10万人以上が中国人、その他はベトナム人、フィリピン人、タイ人、インドネシア人、台湾人、マレーシア人、韓国人、インド人、イギリス人等である。

関連記事
経済
パンデミックによる解雇、損害賠償金の支払い免除 カンボジア[経済]
(02日)
経済
オンラインによるビジネス登録システムを開始 カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
毎月40ドルの特別手当 来週より給付開始 カンボジア[経済]
(05月22日)
労働
クメール正月の出勤拒否した従業員の解雇は正当 カンボジア労働省[労働]
(04月14日)
社会
カンボジア政府 国内全域に7日間の移動制限を課す[社会]
(04月10日)
労働
一時解雇された労働者に対し、月70ドルの支給 カンボジア[労働]
(04月09日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース