カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年9月26日
  • カンボジアニュース

2020年の縫製業及び製靴業労働者の最低賃金が190ドル カンボジア[労働]

news_201909261
(c)Khmer Times

 2020年1月からの縫製業及び製靴業の労働者の最低賃金を190ドルで落ち着きそうだ。現在の最低賃金182ドルから8ドル引き上がることとなる。クメールタイムズ紙が報じた。

 労働職業訓練省によると、両当事者間で最終合意した187ドルに、フン・セン首相が3ドル上乗せしたという形で決着した。労働組合側は、政府による上乗せ額が例年より少額であることから、5ドル上乗せするよう政府に要求した。一方、使用者側は記者団に対し、「新しい最低賃金は受け入れられる」と語った。

 また、労働者は最低賃金に加え、これまで同様に皆勤手当10ドル、通勤および住宅手当7ドルが保障されるほか、カンボジアの社会保障制度である国家社会保障基金(NSSF)が義務となる。

関連記事
労働
移民労働者によるカンボジアへの海外送金額が総額28億ドルに達する[労働]
(24日)
労働
カンボジア労働省、雇用調整される7000人の縫製工に金銭支給[労働]
(17日)
経済
欧州連合、カンボジアとのEBA協定の一部停止を発表[経済]
(13日)
労働
縫製労働者の失神例は昨年減少した カンボジア[労働]
(01月15日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
経済
EBA適用取りやめの脅威にもかかわらず、縫製工場が開設 カンボジア[経済]
(12月04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース