カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年9月9日
  • カンボジアニュース

カンボジアの2020年最低賃金、労働組合側は199ドルを要求[労働]

news_201909091
(c)Khmer Times

 政府、雇用主、労働組合の三者による最低賃金の交渉は8月29日に始まっており、9月25日までに終了する予定だ。

 先週金曜に開催された会合後の時点では、現在の月額最低賃金182ドルを、労働組合側が199ドル、雇用主側が184ドルで要求しており、労働職業訓練省の広報官は、「15ドルのギャップを埋める必要がある」と述べた。

 現在の最低賃金である182ドルは、前年の170ドルから12ドル増加している。

 労働組合側は、現在の最低賃金から17ドル増加となる199ドルを要求する根拠として、物価上昇などにより賃金に占める生活コストが増えていることなどを示す書類を提出している。

 労働者運動集団連盟(CUMW)のパウ・シナ代表は、「労働者がさらに17ドル受け取ったとしても、彼らの生活水準は依然として悪いだろう」と述べた。また、この提案には、恒例化している最終的な最低賃金額に政府が5ドルを上乗せする慣習の分は含まれていないとした。

関連記事
労働
移民労働者によるカンボジアへの海外送金額が総額28億ドルに達する[労働]
(24日)
労働
カンボジア労働省、雇用調整される7000人の縫製工に金銭支給[労働]
(17日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(12月04日)
労働
外国人労働者に関する許可申請締切を12月末に延長 カンボジア[労働]
(11月25日)
政治
給与所得税の納税対象の最低月給額を325ドルに引き上げ カンボジア[政治]
(10月28日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース