カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年9月4日
  • カンボジアニュース

使用者側代表「2020年最低賃金の引き上げは困難」カンボジア[労働]

news_201909042
(c)Khmer Times

 カンボジア縫製業協会(GMAC)の代表者は3日、2020年の最低賃金は引き上げが困難と述べた。クメールタイムズ紙が報じた。

 GMAC副事務局長のカイン・モニカ氏は、労働職業訓練省による最低賃金評議会の会合後、記者団に対し、「縫製業と製靴業の雇用主代表の立場で参加しており、評議会の代表意見としては申し述べられないが、生産受注の減少により輸出が減少する中、2020年の最低賃金の総額は困難だ」と述べた。

 同氏は、カンボジアの最低賃金はすでにベトナムよりわずかに高い点を指摘し、「ベトナムの賃金は月額180ドルであるのに対し、カンボジアでは月額182ドルだ。最善の方法は、最低賃金を変更しないことだ」と付け加えた。

 労働者運動集団連盟(CUMW)のパウ・シナ代表は、「雇用主の代表が最低賃金の引き上げに反対するのは初めてではない」と述べ、「現在15%増となる27ドルの増加を検討している」と付け加えた。

 労働職業訓練省の広報官は、「政府はすべての当事者が合意に達するための交渉を引き続き促進する」と述べた。

関連記事
労働
移民労働者によるカンボジアへの海外送金額が総額28億ドルに達する[労働]
(24日)
経済
衣服や履物、旅行用品の輸出総額93億ドル カンボジア[経済]
(18日)
労働
カンボジア労働省、雇用調整される7000人の縫製工に金銭支給[労働]
(17日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
経済
EBA適用取りやめの脅威にもかかわらず、縫製工場が開設 カンボジア[経済]
(12月04日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(12月04日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース