カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2018年4月19日
  • カンボジアニュース

ポイペトPPSEZ 最初の日系企業と賃貸借契約を締結[日系]

news_201804192
(c)Phnom Penh Post

 電子機器部品の製造を手がける株式会社スミトロニクスは、プノンペン経済特区(PPSEZ)の子会社として設立されたポイペト経済特区で、最初のテナントとして賃貸借契約を締結した。

 PPSEZの上松裕士CEOは、「これは我々にとって歴史的かつ重要な出来事だ。近い将来、より多くの企業がポイペトPPSEZで事業設立を行うことを期待している」と話す。

 PPSEZの直近の財務書類では、2017年、その収益の96%をPPSEZ事業がもたらしたが、2016年から約570万ドルをポイペトPPSEZに費やしている。

 PPSEZグループの総売上は、2015年に1640万ドル、2016年に920万ドル、2017年に880万ドルと2014年以来毎年減少しているが、利益は2016年の140万ドルから昨年は170万ドルと増加している。これは「その他収益」の増加と一般管理費の減少による。一方、PPSEZ単体では210万ドルの利益を計上したが、グループでは170万ドルだった。

 ポイペトPPSEZのHPでは、「ポイペトは、戦略的な立地、地理的な接続性、豊かな若い労働力ゆえに、ASEAN諸国における産業発展のホットスポットになっている。我々は電子、縫製、自動車、プラスチック産業の誘致を目指している」と述べている。

関連記事
労働
縫製業は技術革新のため再訓練プログラムが必要 カンボジア[労働]
(17日)
社会
カンボジア西部の鉄道 最終区間が正式発足[社会]
(05日)
労働
フン・セン首相 選挙後に社会的保証が停止されるという旧救国党支持者からの主張を否定[労働]
(06月29日)
経済
カンボジア EUへの自転車輸出量最大国となる[経済]
(06月29日)
労働
カンボジア労働省 医療施設を持たない全ての工場に罰金[労働]
(06月24日)
労働
カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]
(06月03日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース