カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2018年4月19日
  • カンボジアニュース

ポイペトPPSEZ 最初の日系企業と賃貸借契約を締結[日系]

news_201804192
(c)Phnom Penh Post

 電子機器部品の製造を手がける株式会社スミトロニクスは、プノンペン経済特区(PPSEZ)の子会社として設立されたポイペト経済特区で、最初のテナントとして賃貸借契約を締結した。

 PPSEZの上松裕士CEOは、「これは我々にとって歴史的かつ重要な出来事だ。近い将来、より多くの企業がポイペトPPSEZで事業設立を行うことを期待している」と話す。

 PPSEZの直近の財務書類では、2017年、その収益の96%をPPSEZ事業がもたらしたが、2016年から約570万ドルをポイペトPPSEZに費やしている。

 PPSEZグループの総売上は、2015年に1640万ドル、2016年に920万ドル、2017年に880万ドルと2014年以来毎年減少しているが、利益は2016年の140万ドルから昨年は170万ドルと増加している。これは「その他収益」の増加と一般管理費の減少による。一方、PPSEZ単体では210万ドルの利益を計上したが、グループでは170万ドルだった。

 ポイペトPPSEZのHPでは、「ポイペトは、戦略的な立地、地理的な接続性、豊かな若い労働力ゆえに、ASEAN諸国における産業発展のホットスポットになっている。我々は電子、縫製、自動車、プラスチック産業の誘致を目指している」と述べている。

関連記事
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(23日)
日系
亀田製菓、地元菓子メーカーとの合弁会社が事業開始[日系]
(12日)
経済
中国企業の自転車生産工場の移転が進む兆し カンボジア[経済]
(06月20日)
労働
バベットの工場で1500人がストライキ 会社側は要求に応じる[労働]
(06月14日)
経済
カンボジア開発評議会、投資総額6億ドルのプロジェクトを承認[経済]
(06月11日)
社会
中国人が国境都市ポイペトに群がる カンボジア[社会]
(04月29日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.7-
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース