カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年11月8日
  • カンボジアニュース

JICA協力のプノンペン都交通管制システム、信号機の設置作業開始[日系]

news_201611081
(c)Phnom Penh Post

 国際協力機構(JICA)がプノンペンの交通改善政策の一環として、新しい信号機を100カ所に設置するプロジェクトで、先週から設置作業が開始された。プノンペンポスト紙が報じた。

 同プロジェクトでは、既存の69機を含むカメラ付き信号機100機と、それらを管理する交通管制センターが設置される。

 カンボジア公共事業運輸省は、「既存の信号機システムは、それぞれの現示パターンが独立し一定だったために非効率だ」と述べている。

 同交通管制システムは2017年5月までに稼動開始の予定だ。交通状況は各所に設置された車両検知器によりモニターされ、信号機のパターンのタイミングは、交通が最も効率的になるよう調整される。信号機の一部は、交通管制センターの完成を待たずに来年1月から運用が開始されるという。

 交通安全の専門家は、「同システムは、道路交通法順守の徹底とセットになれば、交通問題の改善に寄与するだろう」とコメントしている。

関連記事
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(20日)
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
経済
プノンペン都内から空港までの鉄道 4月完成予定[経済]
(12月24日)
経済
新たな物流業のマスタープラン 来年3月までに準備 カンボジア[経済]
(12月19日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
CJCCが夢を後押ししてくれる。そんな、存在を期待される組織でありたい [人材・コンサル] 大西義史
業界
根底にあるものは人間尊重 [人材・コンサル] 大西義史
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース