カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年7月13日
  • カンボジアニュース

大村セラテックのカンボジア子会社、コンクリートブロック生産工場を竣工[日系]

news_201607133_mini
(c)OMURA CONCRETE CO.,LTD.

 12日、大村セラテック株式会社(長崎県、代表取締役:鏑流馬清規)のカンボジア子会社OMURA CONCRETE CO.,LTD.は、プノンペンから約30kmに位置するチェイ・ウドム村の国道1号線沿いに、コンクリートブロック生産工場を竣工したと発表した。

 同工場は、型枠からすぐに脱型できる 「即脱製品」を生産する工場で、1日あたり80トンの生産能力を持ち、カンボジアの土木工事現場で高い需要が見込まれるコンクリートブロックの舗装材などを主に生産する。

 工場の機材は日本から輸入したもので、カンボジアの材料を使うことにより、国際水準の製品を短期間に大量かつ安価に提供することが可能だという。

 今後は、流し込み製品工場と生コンプラントを建設し、一日あたりおよそ100トンの生産能力を持つ工場となる予定。

 また、系列会社のOMURA INDUSTRIES CO.,LTD.が施工を行うことで、製造から施工までの建設サービスを提供し、カンボジアの多様な建設ニーズに対応する。

関連記事
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(04日)
経済
泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]
(08月07日)
経済
グローバル・カム マレーシア系企業と高速道路建設に向け契約[経済]
(08月02日)
経済
ロシア最大の自動車会社 カンボジアでの専売店の設立に向け契約[経済]
(07月19日)
経済
建設プロジェクト 今年前半期で総額49億ドルと好調[経済]
(07月17日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース