カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月19日
  • カンボジアニュース

ナガワールドの昨年純利益 全ての商業銀行の純利益に匹敵 カンボジア[経済]

news_201902192
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンで唯一カジノができるホテル、ナガワールドは昨年、純利益が3億960万ドル、対前年比53%増であると発表した。これは2017年のカンボジアにある全ての商業銀行の純利益合計とほぼ同じだという。プノンペンポスト紙が報じた。

 ナガワールドの親会社であるナガコープは香港証券取引所に上場しており、同社の昨年度の財務報告によって明らかとなった。

 ゲーム全体の売上高が14億ドル、対前年比55%増、純利益が3億960万ドル、対前年比53%増となり、881万ドルの所得税を支払ったことが明らかとなった。

 昨年のナガワールドの純利益は、2017年のすべてのカンボジアの商業銀行の純利益の合計の約90パーセントに相当し、2017年のすべてのマイクロファイナンス機関(MFI)の純利益のほぼ3倍に相当する。

 2017年のカンボジア国立銀行(NBC)の監督報告によると、カンボジアの39の商業銀行すべてが純利益4億3570万ドル、MFIが1億3750万ドルの純利益を上げている。

 ナガコープによると、VIPギャンブラーと中国人観光客の急増、安定した政治環境が利益の大幅な増加に貢献しているという。

 経済財政省によると、昨年カンボジアはカジノに52件の免許を付与し、2018年末で合計150件となった。このうち、約6割に当たる88件がプレアシアヌーク州に集中している。

関連記事
労働
出産した衣料労働者の支援に540万ドル費やす カンボジア[労働]
(04日)
経済
カンボジアのフィンテック業界、サイバーセキュリティの問題に対処すべきと専門家[経済]
(02日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
経済
ポイペトのカジノ運営会社、法的紛争に起因し金銭的損失[経済]
(09月10日)
社会
14棟の建物が安全でないと判断され解体命令 カンボジア・シアヌークビル[社会]
(08月28日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース