カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月12日
  • カンボジアニュース

欧州連合との貿易協定についての話し合い カンボジア[経済]

news_201807122
(c)Phnom Penh Post

 欧州連合(EU)の派遣団は3日、カンボジアの内務省高官らと会見し、武器を除くカンボジアの物品が、関税なしでEU市場に出回る協定の合意について話し合った。プノンペンポスト紙が報じた。

 商業省パン・ソラサック大臣は、「カンボジアは、2016年にEUへの輸出額が62億ドルと推定されることから、カンボジアは6億7600万ドルの関税を支払わなければならない可能性がある」とEUからの優遇措置を失った場合のコストに対する懸念を表明した。

 欧州委員会(EC)は4月30日、カンボジア政府に「問題のリスト」を含む報告書を提出し、EUはカンボジア政府に対し、王国の政治情勢が改善されなければ「具体的な措置」を検討すると警告している。

 「問題のリスト」には、NGOに関する法律、政党に関する法律、メディア・アウトレットの抑圧を含むカンボジアの市民社会の崩壊を挙げている。

関連記事
社会
内務省 身分証明証 更新促す カンボジア[社会]
(13日)
経済
日本との貿易額が大幅に増加 カンボジア[経済]
(10日)
経済
アラブ首長国連邦 カンボジアへ5億のクレジットラインを提供 [経済]
(08日)
経済
中国 カンボジアからの輸入増やす見込み [経済]
(07日)
政治
EBA協定撤回の手続きが既に開始 カンボジア[政治]
(10月10日)
社会
就労許可申請者数が2倍以上に カンボジア[社会]
(09月30日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース