カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年4月21日
  • カンボジアニュース

ホテル・ゲストハウスに3カ月間の非課税措置 カンボジア[経済]

news_202004212-min
(c)Khmer Times

 カンボジア政府はホテルとゲストハウス、レストラン及びに旅行会社に対し、3カ月間の免税措置を発表した。クメールタイムズが報じた。

 免税措置の対象地区はプノンペン都とシェムリアップ州、プレアシアヌーク州、ケップ州、カンポット州、バベット市、ポイペット市となっており、3月から5月までの期間が対象となっている。

 観光省によると、飲食店のオーナーが労働省に業務停止の申請をすることで、一時解雇された労働者が2か月間(月40ドル)の手当を受け取ることができるという。

 プノンペンにあるゲストハウスのオーナーは、「現在約7割から8割の顧客を失っており、財政難に直面しています。もし政府が免税措置を決定したのなら、私たちを大いに助けてくれるでしょう」と話している。

 シェムリアップ州では2月から5月までの4か月間、州内のホテルとゲストハウスに対して月次免税を発表している。

関連記事
観光
カンボジアのお盆(プチュン・バン)、観光客数100万人以上[観光]
(09月21日)
経済
アジアインフラ投資銀行(AIIB)、カンボジアに6500万ドルの融資[経済]
(09月15日)
観光
エコツーリズムにはより多くのガイダンスが必要 カンボジア[観光]
(09月09日)
経済
マスクと手袋の新工場で3000人の雇用創出 カンボジア[経済]
(09月01日)
経済
ナガコープのIR開発 次はシェムリアップ州とプレアシアヌーク州か カンボジア[経済]
(09月01日)
観光
クメール正月休暇の振替期間中、140万人の国内観光客を観測 カンボジア[観光]
(08月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース