カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年3月24日
  • カンボジアニュース

国境閉鎖は一般人のみ、貿易への影響は限定的 カンボジア[経済]

20200324-1
(c)Phnom Penh Post

 商業省は、タイとの国境閉鎖が農産物の輸出に与える影響は少ない見通しと発表した。プノンペンポストが報じた。

 タイ当局は18日、カンボジアとの全ての国境検問所を一時的に閉鎖する声明を発表しており、23日より閉鎖が実施されている。

 商業省によると、ベトナムの国境と同様に物資の運送は閉鎖の対象外であるため、二国間の貿易には大きな影響を与えないという。

 タイ大使館の報告書によると、2019年のカンボジアとタイ間の貿易総額は昨年同期比12%増の94億1000万ドルであり、輸出額が昨年同期比6%減の71億4000万ドル、輸入額が昨年同期比195%増の22億ドルとなっている。

関連記事
経済
イージーコム、低コストの電子化データ管理ソリューションを提供 カンボジア[経済]
(09月15日)
経済
カシューナッツの商業化に向けた動き カンボジア[経済]
(09月14日)
経済
ナガコープのIR開発 次はシェムリアップ州とプレアシアヌーク州か カンボジア[経済]
(09月01日)
経済
地元の粉ミルクメーカーの不正が発覚するも、当事者は否定 カンボジア[経済]
(08月28日)
経済
物流インフラの近代化と改革の必要性 カンボジア[経済]
(08月27日)
経済
宝飾品、宝石の輸出額が13億ドルに増加 カンボジア[経済]
(08月25日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース