カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年2月5日
  • カンボジアニュース

カンボジアと韓国の二国間貿易が急拡大[経済]

 フン・セン首相は、カンボジアと韓国の二国間貿易は、2019年には10億ドル以上に達し、前年の7億5600万ドルから36%以上増加した。プノンペンポストが報じた。

 カンボジアの輸出総額は3億3500万ドル、輸入総額は6億9600万ドル。韓国への輸出は主に衣服や靴、旅行用品製品、飲料、電子機器用部品、ゴム、医療および農産物で構成されており、韓国からの輸入は主に車両や飲料、電子機器、家電製品、医療およびプラスチック製品で構成されている。

 カンボジア開発評議会(CDC)は、1994年から2019年までの間、総額で約50億ドル相当の215件の投資プロジェクトを承認している。また、観光省によると、2019年は25万4874人の韓国人がカンボジアを訪れた。

 また、韓国国際協力機構は昨年のプレスリリースによると、1996年から2018年にかけて、韓国政府はカンボジアでの開発協力に約6億2300万ドルを投資し、助成金を通じて約3億ドルを支出した。また、今後の国の発展を支援するために2019年から2023年までに譲許的融資としてさらに2億ドルを提供する予定であるとした。

 昨年2月、コンポンスプー州には、韓国企業が果物処理施設を設置し、昨年末までに1700トンのマンゴーを韓国に輸出しており、今後はココナツやドリアン、マンゴスチンを加え、総輸出量を5万トンに増やす計画だ。

 昨年3月には、カンボジア韓国ビジネスサミットがプノンペンで開催され、両国間の貿易と投資を促進するために協力することについて、両国首脳が合意書に署名した。

 カンボジア商業省は昨年11月、二国間の投資額の拡大を目的に自由貿易協定(FTA)に関する実現可能性調査を共同で行う協定に署名したと発表した。

関連記事
経済
商業省、電子商取引事業者に許可制を導入 カンボジア[経済]
(20日)
観光
カンボジアのお盆(プチュン・バン)、観光客数100万人以上[観光]
(09月21日)
経済
イージーコム、低コストの電子化データ管理ソリューションを提供 カンボジア[経済]
(09月15日)
経済
カシューナッツの商業化に向けた動き カンボジア[経済]
(09月14日)
観光
エコツーリズムにはより多くのガイダンスが必要 カンボジア[観光]
(09月09日)
経済
ナガコープのIR開発 次はシェムリアップ州とプレアシアヌーク州か カンボジア[経済]
(09月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース