カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年12月2日
  • カンボジアニュース

オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]


(c)Khmer Times

 ザ・ピークのデベロッパーであるオクスリー・ジェム(カンボジア)は11月30日の声明で、ザ・ピーク建設は、中国の神州長城国際工程有限公司(SINO)に代わり、中国鉄道都市建設グループ(CRUCG)が主な請負業者となることを正式に発表した。クメールタイムズが報じた。

 オクスリ―・ジェムは、SINOの打切りについて、「建設が滞りなく進められるためには、財政的が健全で相応しい主要請負業者を選ぶ必要があった」とし、「プロジェクトの完了予定日には影響が出ないようにしていきたい」と述べた。

 チョムカーモン区の中心地トンレ・バサック地区に2015年から建設中のザ・ピークは、オクスリ―・インターナショナル・ホールディングスとワールドブリッジ・ランドの共同ベンチャーで、オフィスタワー、カンボジア初となるシャングリラホテル、2棟の高級住宅タワー(1014ユニット) から成る55階建てである。2020年12月に完成予定。

 CRUCGは、2008年に上海と香港に上場した大規模な国営建設企業で、中国鉄建総公司の完全子会社である。

関連記事
経済
低所得者向け住宅プロジェクトは順調に進捗中 カンボジア[経済]
(14日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
カンボジアでモバイルインターネットユーザーが増加[経済]
(12月26日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(12月04日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース